6/6ページ

6/6ページ

韓流ドラマの楽しみ方

韓流ドラマは、DVDの1枚目から面白いと感じるものは少ないのです。しかし、4~5枚目から気になりだし、やがてそのドラマの虜になります。(笑) このように書くと冗談だと思われるかもしれませんが、ほとんどの韓流ドラマに共通します。 ただし、俳優や配役、ストーリーが予めわかっている場合は、最初から楽しめます。 もし、事前情報を全くなしの状態(ゼロスタート)なら、最低限の概略は調べておくと良いでしょう。 […]

韓流ドラマはなぜに面白い?

日本で韓流ドラマが大好きな人はそれなりにいらっしゃると思います。 時代物、現代物、どちらもファンの方いますよね。 そこで、なぜ韓国ドラマが面白いのか、その理由をいくつか考えてみました。 長編ドラマが多くストーリが多彩 韓流ドラマのストーリーは100話前後は当たり前で日本の大河ドラマでも敵わないほど長編です。 昔、日本では「赤いシリーズ」が何年も放送されましたが、面白いシリーズは最近なぜか少ないです […]

スタート合図の間合いが長いのは妨害か?

2月18日に行われた平昌五輪のスピードスケート女子500mで露骨な妨害工作が起きたのではないかと話題です。 その理由は、小平奈緒選手とチェコのエルバロア選手が出場した試合のスターターピストル合図の間合いが長く、小平選手が一瞬ピクッとなってからスタートしました。 このピクッと動いたことにより、一瞬、体を立て直してからスタートしたことでスタートが遅れたとも言われています。 幸い、その後の立て直しが素晴 […]

北朝鮮選手から妨害|ショートトラック男子500m予選 7組

Embed from Getty Images 観ていて残念なのがオリンピックでの妨害工作です。 平昌オリンピックの「ショートトラック男子500m予選 7組には4人の選手が出場し、その中に日本の渡辺啓太選手もいました。他の3人=韓国の黄大憲選手、アメリカのトマースインサク・ホン選手、北朝鮮のチョン・グァンボム選手。 スタートの約3秒後に北朝鮮のチョン選手が前かがみになり転倒、その際、右手で渡辺選手 […]

京都橘高校吹奏楽部のアクシデントが切ない

京都橘吹奏楽部のマーチングコンテストで演奏するSing Sing Singでは、2011年~2013年にかけて通称「グルグル」と呼ばれる激しい動きが採用されていました。 ファンならこの演技を知らない方はいないと思いますが、グルグルは、ほぼ全力疾走に近い速度で移動する演技名のことで、10m四方の2つの四角形が回転しながら5m前進する難易度の高いワザと言えます。16人が1人31.25cmづつ正確に前に […]

オレンジの悪魔|京都橘高校吹奏楽部

吹奏楽部が有名な高校は全国に多くありますが、その中でも話題性に富み多くのファンが急増中なのが京都橘高校吹奏楽部ではないでしょうか。 今から8年前にテレビ番組「笑ってコラえて!マーチングの旅2011」で紹介され、その後も繰り返し放送されたのでご存知の方も多いと思います。その「笑ってコラえて=笑コラ」は、所ジョージさんがMCを担当する人気番組で、当時は全日本コンテストに出場するような吹奏楽部の放送がさ […]

中高生吹奏楽|ブラスバンドの記憶

遥か昔(100年も昔ではありませんが・・・)、小学生時代にピアニカに憧れて「鼓笛隊」と呼ばれるサークルに参加したのをきっかけに、中学時代にはブラスバンド部に入部しました。担当を希望したのがアルトサックスパートで、初心者の私がみっちり仕込んでもらったのが行進曲「美中の美」です。 練習は、譜面を前にして私の隣に上級生が座り、私の演奏をじっくり見守るといいう図で行われました。まだ、十分な基礎も無い私は、 […]

1 6